宮沢氷魚の演技力は?棒読みや滑舌悪いの声多数!出演作の評判を調査!

ドラマや映画で活躍中の宮沢氷魚さん。

「イケメン」「カッコいい」と言われていますが、演技力については賛否両論のようです。

今回は、宮沢氷魚さんの演技力はどうなのか、棒読みや滑舌が悪いという声やこれまでの出演作の評判を調査しました!

宮沢氷魚の演技力は?

MEN’S NON-NOの専属モデルの宮沢氷魚さん。

ドラマや映画にも出演し俳優としても大活躍されていますね。

ですが宮沢氷魚さんの演技力についてSNSを見てみると、演技が下手という意見がけっこうあるんですよね!

ただ調べていると演技が上手いという意見もたくさんありました!

宮沢氷魚さんが出演した舞台「ピサロ」主演の渡辺謙さんは「かなり成長した」と宮沢氷魚さんを評価!

当時渡辺が演じていた役を今回は宮沢氷魚(27)が務める。渡辺は「この1年で(宮沢は)かなり成長した」と太鼓判。

引用:sponichi annex

「ピサロ」を鑑賞した方も絶賛です!

宮沢氷魚さんの演技力は成長しているようですね!

テレビ東京のドキュメンタリー「探求の階段」でナレーターーをしている宮沢氷魚さん。

「ミステリアスでありながら、独特の存在感を見せる宮沢さん。その特徴は俳優やモデルとしての姿形だけではなく、彼の『声』にも表れています。若いからこそ表現できる未来感。それでありながらも、落ち着きを感じさせ、説得力を与える宮沢さんの声の魅力」

引用:sponichi annex

番組のプロデューサー増田武史さんは「落ち着きを感じさせ、説得力を与える声」と起用理由を説明しています。

ナレーターは演技ではないですが、魅力的な声を持っている宮沢氷魚さんのいろいろな活躍を見たいと思いました。

宮沢氷魚は棒読みで滑舌悪いの声多数!

宮沢氷魚さんの演技力は「棒読み」や「下手」という声が多数ありました!

宮沢氷魚さんの棒読みを心配する声がある一方、棒読みがいいという声もありましたよ!

脚本や役によって、棒読みのような演技の方が逆にいいこともありますね!

宮沢氷魚さんには、棒読みみたいな話し方をする役が合ってる?ということになってしまうのでしょうか。

次は宮沢氷魚さんの滑舌についてみていきましょう。

宮沢氷魚さんの滑舌が気になる方は多いようです。

宮沢氷魚さんはクウォーターで幼稚園から高校までインターナショナルスクール、大学はカルフォルニア大学から国際基督教大学へ編入と宮沢氷魚さんは英語がペラペラ、バイリンガルなんですね!

YouTubeには宮沢氷魚さんの英語講座が投稿されています!

その為、外国人の方が日本語を喋るみたいな滑舌になってしまうのかもしれませんね。

宮沢氷魚さんの声は舞台ではすごく良いという声もありました。

舞台とドラマや映画では発声の仕方が違うんですかね。

宮沢氷魚の出演作の評判は?

宮沢氷魚さんのこれまでの出演作の評判をみていきましょう。

his

2020年1月に公開された宮沢氷魚さん初主演映画「his」。

宮沢氷魚さんは別れた恋人を忘れられずに田舎でひっそりと暮らしているゲイの役。

この作品で宮沢氷魚さんは第42回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞などを受賞しています。

初主演映画となった『his』では同性愛者であることを隠して暮らす青年を演じ、その瑞々しい演技が高く評価された。

引用:Dorama&Movie

「his」を実際に見た方の評判もよさそうです!

「his」の宮沢氷魚さんの演技力はよかったようですね!

偽装不倫

東村アキコさんのマンガが原作の「偽装不倫」。

宮沢氷魚さんは既婚と嘘をついた主人公の杏さんと偽装不倫するカメラマン伴野丈を演じました。

宮沢氷魚さんの演技力が下手と感じた声が多数ありました。 

『偽装不倫』は準主役が、無名に近い宮沢ではちょっと厳しいわけです。演技力もまだまだですし、“イケメン”役にしては、そんなに秀でたルックスではなく、正直役不足感が否めない。

引用:日刊サイゾー

下馬評が高かったにもかかわらず、苦戦を強いられているとのことで演技力もまだまだと厳しいコメントが書かれています。

当初宮沢については、棒読みなど演技力不足が目立ち、批判が寄せられることも少なくなかったのですが、ここに来てその中性的な魅力にハマる視聴者が続出。

引用:リアルライブ

リアルライブには棒読みなどの演技力不足との言葉も。

ですが、宮沢氷魚さんの中世的な魅力にハマる視聴者が続出とも書かれています。

「偽装不倫」の宮沢氷魚さんは視聴者を惹きつける演技を超えた魅力があったようですね!

騙し絵の牙

2021年3月に公開された映画「騙し絵の牙」。

宮沢氷魚さんはミステリアスでカリスマ性のある新人イケメン作家の矢代聖役。

「騙し絵の牙」の宮沢氷魚さんの演技は評判がよかったようですね!

今回の役で宮沢氷魚さんは第45回アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

SNSを調べてみても、棒読みや滑舌が悪いなど、演技力を指摘する声は見つかりませんでした。

宮沢氷魚さんの演技力が上がったのかもしれませんね。

または役によって、宮沢氷魚さんの演技力が合ったり合わなかったりでしょうか。

ちむどんどんにも出演する宮沢氷魚さん。

どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA