まふまふの病気とは?過去には救急搬送も!無期限休止に世間の声は?

2022年6月5日まふまふさんのソロ活動無期限休止が発表されました。

ここ数年間抱えていた心身の病症の療養期間に入ることが理由のようですね。

今回はまふまふさんの病名は何か、過去の救急搬送について、無期限休止についての世間の声を調べてみました!

まふまふの病気とは?

まふまふさんの病気は今のところ公表されていなようです!

ここ数年間抱えていた心身の病症の療養期間に入ることを理由に、6月11日と12日のワンマンライブ「ひきこもりでもLIVEがしたい!~すーぱーまふまふわーるど2022@東京ドーム~『表/裏』supported by povo」を一区切りとし、ソロ活動の休止を発表した。

引用:ENCOUNT

ネットニュースでは心身の病症の療養と書かれています。

まふまふさんの公式Twitterでも「数年前から身体の調子がよくありませんでした」と投稿されていますが病名は書かれていません。

手に力が入らない病気?

2021年3月31日の「NHK紅白歌合戦」に出演した際、まふまふさんは右手にマイクを持ち、その手をテーピングで固定していました。

SNSには「演出」「ケガ」「落とさない為」などいろいろな意見が投稿されましたが本当の理由はわかっていません。

マイクを落としてしまうほど緊張していたのかもしれないですし、手に力が入らない病気の可能性もなくはないという感じでしょうか。

手に力が入らない病気として考えられるのは「一過性脳虚血発作」「多発性筋炎」「ギランバレー症候群」などがあります。

特に疲れているわけでもないのに手に力が入らない場合、体の神経や筋肉、脳疾患、背骨に何らかの異常が起きていると考えられる

引用:EPARK

色々な病気について書かれているサイト「EPARK」の記事によると「特に疲れているわけでもないのに手に力が入らない場合」との記述もあります。

まふまふさんはかなり多忙でとっても疲れているような気がします。

なのでこれらの病気は当てはまらないのではないでしょうか。

心原性失神?

まふまふさんは過去に自宅で倒れたことがあります。

オフィシャルサイトで検診の結果は「心原性による失神」とのこと。

心原性失神は心臓の障害が原因で起こる失神のこと。

心臓の鼓動が遅すぎたり、早すぎたりすることが原因で起こる失神で、徐脈(1分間の心拍数が60回未満)による場合、目の前が真っ暗になる、倒れる、気を失う(失神)などの症状があります。

引用:Medical Note

とても心配な病気のようです。

しっかり検査を受けてオフィシャルサイトが発表しているということは、今回の療養はこの「心原性失神」の可能性が高いのではないでしょうか。

まふまふは過去に救急搬送も!

2020年2月まふまふさんが自宅で倒れているところをスタッフが発見し救急搬送されました。

この時に検査を受け「心原性の失神」と診断されたようです。

心原性というのは「心」が原因ということではなく「心臓」のなにかしらの障害なので、深刻な状態とも言えます。

まふまふさんは2018年にも救急搬送されています。

おきたら病院ということは、この時も気を失っていたのかもしれません。

この時は病名は公表されていませんが、特に検査もしていなかったのでしょうか。

2015年にお医者さんから「軽い不整脈」と言われたことをツイートしています。

まふまふさんは心臓に気をつけなければいけないことを知っていたようですね。

まふまふ無期限休止に世間の声は?

まふまふさんの無期限休止をどう思っているのか世間の声を集めてみました!

Twitterを見ると、まふまふさんの休養を支持する声がほとんどでした。

 まふまふさんの体調を以前から心配していた方も多いようです。

無期限休止はソロ活動で、作曲など今後も作品を発表していく意思があるとのこと。

療養を優先し、無理のない範囲で活動していただけたらいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA